泡で出てくる洗顔料に危険な成分が?良くない成分と肌に優しい泡洗顔ランキング

スキンケア

ポンプを押すだけでモコモコ泡が出てくる「泡で出てくる洗顔料」。

洗い心地が優しいので、愛用している人も多いのではないでしょうか?

hemmi
hemmi

でも泡で出てくる洗顔料は、お肌に刺激が強すぎる成分を使っている事があるんです。

この記事では、泡で出てくる洗顔料の中に含まれる危険な成分や、安心して使える洗顔料を紹介しています。

特に「毛穴」や「インナードライ」に悩む人は必見です!

泡で出てくる洗顔料、便利だけど良くないって本当?

泡で出てくる洗顔料やチューブタイプの洗顔料は、簡単にモコモコ泡を作れますよね。

なぜかというと「合成界面活性剤」という成分を使っているからなんです。

まずは市販の洗顔料に含まれる成分の中で、注意したい成分を紹介します。

 

洗顔料で危険な成分は洗浄成分の合成界面活性剤

洗顔フォームは石油由来の合成界面活性剤が配合されている事が多いです。

成分名で言うと、「ラウレス硫酸~」や「ラウリル硫酸~」と記載されているものです。

石油由来の合成界面活性剤は

  • 洗浄力が強すぎる
  • お肌に残りやすい

といった特徴がありお肌にかなり負担がかかります。

グリセリンや、pH調整剤などでしっとり感を出していますが「お肌への刺激をごまかしているだけ」とも言えますね。

 

毛穴・ニキビ・インナードライに悩む人は合成界面活性剤が原因かも

石油由来の合成界面活性剤は、肌に必要な角質や潤いまで奪ってしまいます。

使い続ける事で

  • 毛穴が開く、角栓ができやすくなる
  • ニキビや吹き出物ができやすくなる
  • 洗い上りはつっぱるのに日中はテカる「インナードライ」になる

といった症状になる可能性があります。

ちなみに「ラウレス硫酸~」や「ラウリル硫酸~」はシャンプーにもよく使われるので、なぜか肌荒れするという人は使っているシャンプーも見直してみてください。

 

危険な成分の洗顔料、口コミでは「肌が荒れる」という人も

刺激が強い成分が含まれた商品を使った人の中には、こんな口コミがちらほら見られます。

もちろんすべての人やすべての商品で肌荒れを起こすわけではありませんが、石油系の界面活性剤は肌トラブルを起こすリスクがあると思っておきましょう。

 

「W洗顔不要」の泡クレンジングも要注意

クレンジング効果もある泡で出てくる洗顔料も、同様に石油系の界面活性剤が配合されていたら注意しましょう。

また時短に繋がる「W洗顔不要」のものは、お肌の潤いは奪われるのに細かい部分のメイクは落ちきらないことも。

hemmi
hemmi

泡クレンジングは、どうしてもクレンジングの時間が取れない時だけの使用をおすすめします。

 

泡で出てくる洗顔料を選ぶなら「アミノ酸系」界面活性剤を使用した商品

同じ泡で出てくる洗顔料でも、「アミノ酸系」の界面活性剤を使用した商品なら肌への刺激は少ないです。

最近はシャンプーでも注目されていて、肌質が改善する人が続出しているんですよ。

 

アミノ酸系界面活性剤とは?どんな成分名がアミノ酸系?

アミノ酸系の界面活性剤とは、ヤシ油など天然の成分を由来とする界面活性剤です。

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ラウラミノプロピオン酸Na
  • ラウリミノジプロピオン酸Na
  • アシルグルタミン酸

上記の成分がアミノ酸系の界面活性剤となるので、商品を選ぶときの参考にしてみてください。

ただし、成分の中に石油系の「ラウレス硫酸~」や「ラウリル硫酸~」も一緒に配合されている事もあるので、注意しておきましょう。

 

アミノ酸系洗顔料の効果:乾燥肌・シミ・くすみが改善

アミノ酸系の界面活性剤を使った洗顔料は、お肌の潤いを奪いすぎないので乾燥肌の人に最適です。

またお肌の水分量が多いとターンオーバーが正常になるので、お肌がトーンアップします。

 

使い付けるとニキビや毛穴も目立たなくなる

アミノ酸系の洗顔料はお肌の皮脂を奪いすぎないので、皮脂量が安定します。

毛穴詰まりや毛穴の開きが改善し、毛穴が目立たなくなってきます。

乾燥を感じるのに皮脂が出てくる「インナードライ」もアミノ酸系洗顔料がオススメで、ニキビや吹き出物が改善する可能性があります。

 

おすすめの泡で出てくる洗顔料ランキング!ドラッグストアでも買える?

それでは、アミノ酸系の界面活性剤のみが使われた、おすすめの洗顔料をランキング形式で発表していきましょう。

 

1位 プチプラでドラッグストアでも買える!カウブランド 無添加泡の洗顔料

牛乳石鹸でおなじみのカウブランドの洗顔料です。

カウブランドの商品はシャンプーやクレンジングも優しい界面活性剤を使用しているので、ライン使いもおすすめ。

しかもアミノ酸系の界面活性剤を使用した商品としてはかなり安く、ドラッグストアでも気軽に買える商品です。

 

2位 デパコスで一番のおすすめ!ランコム MOUSSE ECLAT

海外のオイリー肌向けの商品が多いデパコス商品は洗浄力が強めの商品が多いのですが、ランコムのムースエクラはアミノ酸系洗浄剤がメインの優しい配合です。

特徴的な成分は「パイナップル」「パパイヤ」で、無駄な角質を柔らかくする効果があります。

洗浄成分は優しいですが、余分な角質や汚れはしっかり落とせる洗顔料です。

 

3位 99%以上が天然成分!Brighttherapy オーガニック洗顔フォーム

ブライトセラピーの洗顔フォームはなんと99%以上が天然由来成分で出来ています。

泡で出てくる洗顔料は泡がへたりやすい商品が多いのですが、この洗顔料は泡の密度が高く、1プッシュでも洗顔完了まで泡がへたりません。

グリセリンなどの保湿成分が他の商品に比べてやや少なめなので、洗い上りがさっぱりしています。

 

【まとめ】今の洗顔料に危険な成分はない?アミノ酸系の優しい洗顔料で肌をいたわろう

泡で出てくる洗顔料は、肌への摩擦が少ない反面成分によってはお肌に刺激を与えるものがあります。

アミノ酸系など優しい界面活性剤が使われた洗顔料を使って、お肌の潤いを守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました