30代でおばさん扱い!?おばさんとお姉さんの違いやおばさん化する分かれ道を徹底分析

恋愛・婚活・印象

周囲がちやほやしてくれなくなったり、年下から敬語で話しかけられたりする事が増えると、どうしても自分の年齢を意識してしまいますよね。

特に「おばさん」と呼ばれたときのショックはかなりのもの!

hemmi
hemmi

同世代でもいつまでも「お姉さん」と呼ばれている人もいるのにどうして!?と感じてしまいますよね。

この記事では、どんな人がおばさんと呼ばれているのかをまとめています。

お姉さんとおばさんの違いを知って、おばさん化しないように気を付けていきましょう。

 

オバサンじゃなくて、お姉さんでしょ!?おばさん扱いされた人の反応

まずは、まだまだ自分ではお姉さんだと思っているのにオバサンと言われてしまった人の反応を見てみましょう。

イラっとする人から悲しくなる人まで様々です。

hemmi
hemmi

ショックを受けても本人にはなかなか伝えづらいのがツライですよね。

 

おばさんとお姉さんの違いや分かれ道!30代でも要注意

ネット上の体験談から、おばさんとお姉さんの違いを細かく見ていきましょう。

意外とおばさん認定されるハードルは低く、悪気なくおばさんと言っている人も多くいるようです。

 

年齢

わかりやすい違いと言えば年齢ですね。

30歳以上になると、本当のおばさん。ってかんじがします。
参考:知恵袋

30代ではまだまだ見た目が若い人ばかりですが、昔から30歳をすぎると落ち着く女性が多いことから「おばさん」扱いされることが多いです。

 

見た目

もちろん見た目も「おばさん」認定に繋がります。

おばさんは若作りがすごい
おねえさんは年相応のメイクや服装
参考:ガールズちゃんねる

同じ年齢でも、見た目でおばさんとお姉さんが分かれます。

お姉さん おばさん
太っていない
美肌
見た目に気を遣っている
たるんだ体型
肌が汚い
身なりに気を遣わない

無理に気を遣って、年齢とかけ離れたメイクや服装をしているとかえっておばさん感が増してしまいます。

年相応か少し若いくらいの服装・メイクを心がけたり、シンプルで流行のないアイテムを取り入れたりしましょう。

 

言動

見た目がお姉さんでも、以下のような行動ではおばさんに見えてしまいます。

美しくある努力を怠らないのがお姉さん
女を捨ててるのがおばさん
参考:知恵袋

恥じらいを捨てたらおばさん。
参考:知恵袋

経験を重ねたぶん、行動が大胆になる人も多いですよね。

気に入らないことがあるとすぐに文句を言ったり、誰かに何かをやってもらうのが当然!という態度を取ったりするとおばさんだと思われてしまいます。

 

いつまでも“お姉さん”と呼ばれるためには?

それでは、いつまでもお姉さんであるために、心がけたいポイントをご紹介します。

 

厚化粧はNG!メイクは控えめに

20歳前後の若い世代では似合う囲み目やつけまつげは年齢を重ねると若作りしているように見えてしまいます。

昔と変わっていないようでも目元のたるみや小じわは隠せません。がっつりアイメイクとアンバランスになってしまいます。

お肌や目元にコンプレックスがあるなら、シェーディングや黒のアイラインよりもハイライトやパールのアイシャドウでくすみを飛ばすのがベター。

また、お肌も薄づきを心がけてください。

 

大人の余裕を持って!一歩引いた姿勢が◎

次のような言動をしている人は要注意!周りから見ると立派なオバサンです。

  • 気に入らないことがあるとすぐに文句を言う
  • 笑い声が周囲に響く
  • つい噂話や悪口を言ってしまう

気に入らないことがあっても我慢する必要はありませんが、静かなトーンで「注意する」「諭す」ように自分の気持ちを伝えましょう。

 

大半の人は、内心「オバサン」だと思っているかも!?潔く受け入れるのも◎

いろいろ努力しても、おばさんと言われる時はあります。

「おばさん」と呼ばれたガックリしたらもう立派にオバサン。
自分から潔く「オバサンですよ~」と言えたらお姉さんです。
参考:知恵袋

子供の視点では、若くてもデブな方をお姉さんと思わないみたいです。かといって痩せているおばさんもお姉さんとは思わないみたいです。
つまりおねえさんは一部分だけで、圧倒的におばさんだらけに見えているみたいです。
参考:知恵袋

人間関係に波風を立たせないために、すべての女性に「お姉さん」と呼びかける方も少なくありません。

呼ばれ方にこだわらず、自分の年齢を受け入れるのも一つの手です。

「年相応」は悪い事ではありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました