ママのピアスはボディピアス一択!子育て中も安全で付けっぱなしOKなピアスを厳選

ボディケア

仕事や子育てで忙しいと、イヤリングやピアスを付ける余裕が無くなってしまいますよね。

顔周りを華やかにするためにもピアス穴が塞がらないようにするためにも、定期的にピアスを付けたほうが良いのですが、なかなか付ける暇がないという人も多いです。

そんな女性におすすめなのが「ボディピアス」

ボディピアスというとゴツゴツしたものを軟骨やおへそに付けるイメージですが、実は体に優しく楽ちんでおすすめなんですよ。

そこでこの記事では

  • ボディピアスのサイズ・素材
  • 外れにくく、耳の裏に当たりにくいピアス
  • おすすめのボディピアス専門店

についてまとめました!

付けっぱなしのピアスや子育て中でも安全なピアスを探している方は、参考にしてみてくださいね。

おへそや舌に付けるイメージのボディピアス、どんなピアスなの?

ボディピアスというと、こんなイメージを持つ人が多いかと思います。

でもボディピアスはサイズが豊富で、耳たぶに付けるファッションピアスと同じサイズもあるんですよ。

まずはボディピアスのサイズや素材について確認していきましょう。

ボディピアスとは?ファッションピアスと何が違うの?

ボディピアスと呼ばれるピアスは軟骨やへそ、眉など身体のあらゆる部分に装着することができるピアスです。
ファッションピアス感覚で着けられる細い軸から20mmを超える太い軸まで豊富なサイズ展開があり、ピアスの形状も様々です。

参考:https://www.roque.jp/blog/first-pierced-earrings/

ファッションピアスが耳たぶに付ける事を目的に作られているのに対し、ボディピアスは穴のサイズさえ合えば身体のどこにでも付けられます。

キャッチやバーベルにアレルギーが起こりにくい素材を使っていたり、体に軸が当たっても痛くない形状になっていたりします。

ボディピアスのサイズ一覧表!長さや太さは?

ボディピアスのサイズはゲージ(G)、シャフト長さ(mm)、キャッチの大きさ(mm)で表されます。

軸の太さを表すゲージの一覧表は以下の通りです。

ゲージ(軸/G)太さ(mm)
20G0.8
18G1.0
16G1.2
14G1.6
12G2.0
10G2.5
8G3.2
6G4.0
4G5.0
2G6.0
0G8.0

ファーストピアスは16G、ファッションピアスは18Gの太さが一般的です。

もっと太いものもありますが、耳たぶに付ける方は多くないので割愛しますね。

ボディピアスの素材はサージカルステンレスやチタンでアレルギーがほとんどない

ボディピアスの素材は、アレルギーのリスクがほとんどない医療用のサージカルステンレスやチタンです。

また錆びないので、付けっぱなしにしていても問題ありません。

ママ向けピアスとしておすすめ!!キャッチがネジ式で外れにくい

ボディピアスはバーベルの両側がネジになっていて、キャッチにネジをクルクル差し込む方法で使います。

差し込むだけのファッションピアスのキャッチと違って、外れにくいのが特徴です。

また両側とも軸の先端にキャッチが付いているので、軸の先端が当たって痛いということもありません。

ボディピアスを耳たぶに普段使いするメリット

ファッションピアスよりもアレルギーリスクが少なく外れにくいボディピアスは、以下のようなメリットがあります。

  • お風呂や就寝中に外し忘れても不衛生になりにくい
  • シンプルなデザインを付けっぱなしにすると時短でおしゃれできる
  • 子供に引っ張られても外れにくいので、子育て中も安心
  • ピアス穴が安定しない人や塞がりやすい人にも向いている

私は耳たぶが薄いうえにピアス穴が「膿みやすい」「塞がりやすい」と耳元のおしゃれにはかなり苦労したのですが、最近はボディピアスを付けっぱなしにして落ち着いています。

【ママ向けピアス】仕事や子育て中でもOK!耳用ボディピアスの種類

スタンダードなボディピアスはシルバー色のステンレス製バーベルに、同じくステンレス製の丸いキャッチが両側に付いたものです。

もちろんこのタイプのボディピアスでも大丈夫なのですが、付けっぱなしや子育て中の人には「ラブレットピアス」がおすすめですよ。

ママ向けピアスなら、裏側が平らなラブレットピアス

私も付けている、おすすめのラブレットピアスはこちらです。

軸の片側が平らになっているタイプのボディピアスです。

耳たぶの厚さに合った長さのシャフトを選べば、寝ている時にも軸の先端が耳の後ろに刺さりません。

耳たぶにラブレットタイプのボディピアス、付け方は?

ラブレットタイプのボディピアスは、キャッチを前で止めるので耳たぶの裏からシャフトを差し込みます。

ただピアス穴が小さい人や慣れないうちは、耳たぶの後ろからだと刺さりにくいです。

あらかじめ別のピアスを差し込んでおいて、その軸をラブレットのシャフトで押し出すように差し込んでみましょう。

バーベルゲージ(太さ)は14gよりも16g、18gがおすすめ

ボディピアスの標準サイズは14Gと言われています。

ですがファッションピアスが18Gのものが多いので、耳たぶに付けるなら16Gや18Gを選んだほうが良いでしょう。

私はピアス穴が塞がりやすいので、ファーストピアスと同じ太さの16Gを付けっぱなしにしています。

シャフト長さは6mm~8mmがおすすめ

ボディピアスはシャフトの長さが選べるのも魅力です。耳が薄い人は6mm、厚い人は8mmを基準に選びましょう。

ちなみに私は6mmでもシャフトが余るのですが、キャッチを止める時に少し余裕が欲しいのと、お風呂で軸をしっかり洗いたいので6mmにしています。

ボディピアスのおすすめショップ!楽天やAmazonなど通販で買える?

それでは、ボディピアスのおすすめショップを紹介します!どのショップも直営店のほかに楽天・Amazonなどのネット通販でも購入できますよ。

激安でバーベルサイズが豊富!ボディピアス専門店roque(ロキ)

激安で豊富なサイズ展開が人気のボディピアス専門店がROQUE(ロキ)です。

バーベルのみ、キャッチのみでも販売されているので、お好みのボディピアスをカスタマイズしちゃいましょう。

華奢で女性らしいデザインが人気!ボディピアス凛

私もこのラブレットピアスを使用しています。片耳は3mmが1粒、もう片方は2mmと3mmのキャッチを付けていますが、さりげないキラキラ感がお気に入りです。

女性らしい華奢なデザインが豊富なので、ゴツゴツしたピアスが苦手な人におすすめです。

パヴェやパールなど目を引くキャッチならここ!ジュエルボックス

冠婚葬祭でも使えるパールキャッチや、ぱっと目を引くパヴェボールのキャッチなどが人気のJewelVOX(ジュエルボックス)もおすすめです。

上品で大人っぽいイメージの商品が多いので、20~30代はもちろん40代以上でもファッションに合わせられます。

【まとめ】付けっぱなしで時短に!安全なボディピアスでおしゃれを楽しもう

私も最初ボディピアスは「いかつい」イメージがあり全く考えていなかったのですが、子育て中でも付けっぱなしにできると知ってすぐ購入しました。

膿みやすい私でも問題なく付けっぱなしにできて、毎朝コーデを考えなくても耳元は完成しているので、本当に重宝しています。

安全でカスタマイズ性も高いボディピアスで、時短なおしゃれを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました