ゼロカロリー食品の落とし穴!ゼロコーラに含まれる人工甘味料は太るって本当?

ボディケア

ダイエットの基本はカロリーを抑える事です。

そんなダイエット中の強い味方が「ゼロカロリー」の食べ物や飲み物。たくさん食べても太らないなんて、夢のようですよね。

hemmi
hemmi

ですが、ダイエットのためにゼロカロリーゼリーやゼロコーラばかり飲んだり食べたりしている人は要注意!

かえって太りやすくなっていたり、体を知らないうちに壊しているかもしれません。

この記事では、ゼロカロリー食品や人工甘味料との上手な付き合い方について紹介します。

ゼロカロリーのゼリーや飲みもの、太らないのになぜ美味しいの?

ゼロカロリーだとお腹いっぱい食べても太らないので、ダイエット中の空腹を紛らわせるのにはぴったりですよね。

でも、どうしてゼロカロリーの食品は美味しいのに太らないのでしょうか?

hemmi
hemmi

まずはゼロカロリー食品が太らない仕組みについて解説します。

 

ゼロカロリー食品が太らない理由

通常、糖質は体内で分解されてエネルギーとなります。

hemmi
hemmi

このエネルギーを摂りすぎて、しかも生活や運動で消費しきれなくなったら脂肪として蓄積されます。

ところがゼロカロリー食品に使われる甘味料は少量で強い甘みがあるか、そもそもエネルギーとして代謝されない物質を使用しています。

そのため体内でエネルギーにならず、食べ過ぎても脂肪として蓄積されないというメカニズムです。

 

血糖値を急上昇させないので、糖尿病の人も安心

ゼロカロリー食品は糖質が分解されてできる「ブドウ糖」がほとんど生まれません。

そのため、血中のブドウ糖値をさす「血糖値」が変動しにくいです。

血糖値コントロールが必要な糖尿病患者にも、ゼロカロリー食品は人気なんですよ。

 

カロリーゼロ、カロリーオフの甘味料一覧!危険なものと安全なものの違いは?

ゼロカロリー食品に使われている甘味料はたくさんあります。

それぞれの甘味料の特徴や、摂取する時の注意点についてまとめてみました!

 

人工甘味料:アスパルテーム・アセスルファムK・スクラロースなど

少量でかなりの甘味を感じる人工甘味料は、安価なため多くの食品に含まれています。

甘味料の名前 1gあたりのカロリー 砂糖の甘さとの比較
アスパルテーム 4kcal 1~200倍
アセスルファムK 0kcal 約200倍
スクラロース 0kcal 約600倍
サッカリン 0kcal 約600倍

日本で一番良く目にするのがアスパルテームで、味を調整するためにアセスルファムKやスクラロースが配合されることが多いです。

ただし極端に摂りすぎるのはNG

特にアスパルテームは脳の快楽物質を大量に分泌させる働きがあるので、中毒性が指摘されています。

 

天然甘味料:ステビア・甘草

人工甘味料が登場する前によく使われていた成分が天然甘味料です。

ステビアなど砂糖の甘さの数倍を持つ植物から甘味成分を抽出して作られています。

甘味料の名前 1gあたりのカロリー 砂糖の甘さとの比較
ステビア 4kcal 2~300倍

※甘草(グリチルリチン)に関しては、漢方薬など医薬品の使用がほとんどなので割愛します。

日本では危険性が無いとされ使用制限もありませんが、キク科植物のアレルギーがある人でアレルギー症状が出たという報告があります。

糖アルコール:エリスリトール・キシリトールなど

果糖やブドウ糖を人工的に分解して作られるのが糖アルコールです。

甘味料の名前 1gあたりのカロリー 砂糖の甘さとの比較
キシリトール 3kcal 1倍
エリスリトール 0.2kcal 0.7倍
ソルビトール 2.5kcal 0.6倍
マルチトール 2.7kcal 0.8倍

全体的にすっきりした甘さが特徴です。

hemmi
hemmi

カロリーは砂糖とさほど変わらない種類もありますが、血糖値の上がり方が緩やかです。

虫歯リスクがないのも特徴で、ゼロカロリー食品のほかにデンタルケア製品によく使われています。


ダイエットでゼロカロリー食品しか食べないとどうなる?

ダイエット中でカロリーを一切摂りたくない!とゼロカロリー食品ばかり食べる人がいますが、実はかなり危険な食べ方です。

カロリーが低い、もしくはカロリーゼロなので安心かと思いきや、かえって太りやすくなっているかもしれませんよ。

 

ゼロカロリー食品は満腹中枢や味覚を鈍らせる

アスパルテームの主原料であるアスパラギン酸とフェニルアラニンは、一度に多量摂取すると脳の満腹中枢や味覚を刺激しすぎてしまいます。

hemmi
hemmi

長期間多量摂取を続けると、脳が満腹感を感じにくくなったり甘みを感じにくくなる恐れがあります。

 

糖の代謝が悪くなるという説も

糖をエネルギーに変える必要がない甘味料ばかり摂っていると、糖の代謝が鈍るという説があります。

糖の代謝が鈍いと、いざ炭水化物が体に入ってきた時が大変。糖がエネルギーに変わる前に脂肪として体に蓄積されてしまいます。

 

中毒性のあるゼロカロリー食品でかえって太ってしまうケースも

強い甘みのある人工甘味料は特に、少量でも脳が幸せを感じます。

hemmi
hemmi

お腹が空いていないのに甘い物をつまんでしまう、など砂糖や甘みに対する中毒になる恐れがあります。

いざダイエットに成功して通常の食事に戻したとき、1人前では満足できないことも。間食や食べ過ぎであっという間にリバウンドしてしまいます。

 

【まとめ】ゼロカロリーはどうしてもの時に!普段は砂糖の甘味を楽しもう

罪悪感なく甘い物を楽しめるゼロカロリー食品ですが、食べ過ぎると満腹中枢が鈍ったり代謝が落ちてしまうというリスクがあります。

普段はなるべく砂糖を使った食品をいただき、カロリーオーバーでもどうしても我慢できない時にゼロカロリー食品を活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました